FAQ



カイロプラクティックと整体、マッサージって何が違うの?

カイロプラクティックが整体やマッサージと決定的に異なる点は、神経の流れに着目した神経学であるという点です。整体やマッサージは、背骨や筋肉の歪みを整えるのを目的としているのに対し、カイロプラクティックは、背骨や筋肉の歪みを整えることで、背骨を通って体中に張り巡らされた神経の流れを正常に戻すことを、最終目的としています。

カイロプラクティックが従来の医療と異なる点を教えてください。

人の体は誰が治すのでしょうか。医者が治すのでしょうか。薬が治すのでしょうか。人の体は本来、自分の体を自分で治す"自然治癒力"というすばらしい力を持っています。医者や薬は、痛みを和らげたり自然治癒力を引き出す助けをするに過ぎません。

人間の体の多くの部分は神経の流れによって支配されています。神経は脳から始まり、背骨の中の脊椎を通って体中に張り巡らされています。カイロプラクティックは背骨の歪みを矯正することで神経の流れを正常にし、人間の持っている自然治癒力をひきだし、体の機能を正常にすることを本来の目的としています。

現代医療は、従来の一つ病気や症状を薬や手術で抑える医療から、体全体をトータルに考え、フィジカル、メンタル、ケミカルのバランスを整え、人間が本来持っている自然治癒力によって体を健康にするという方向へと向かっています。自然治癒力をかぜを例に取って説明すると、薬は熱を冷ましたり咳を抑えたりはしますが、体の中のかぜウイルスと戦っているのは実は人の体が本来持っている自然治癒力なのです。

カイロプラクターは人間が持っている自然治癒力を最大限に引き出すことを手助けする専門医と言えるでしょう。

カイロプラクティックとは、いつ頃からはじまった治療方法なのでしょうか?
その起源や歴史を教えてください。

日本人の方はあまりご存知ない方も多いのですが、カイロプラクティックは、アメリカで生まれ発展した自然療法です。

時は1895年、それまで磁気療法者だったD.D.パーマーが「17年前、背中に何かが走った感じがした時から耳が聞こえなくなった」と言う黒人の召使い、ハービー・リラードの体を見たとき、背骨の一箇所が妙に出っ張っているのに気付き、この出っ張りを押してみました。するとポキッという背中の骨がずれる音と同時に、彼の耳が聞こえるようになったのです。これに気をよくしたパーマーは、同様に心臓の悪い患者さんや、体に不調を訴える人の背骨の歪みを治してみたところ、なんと彼らも元気になってしまったのです。 パーマーは「背骨の歪みが、そこから全身にめぐらされる神経を圧迫しているのではないか?」と考え、研究をはじめました。これが一般的に語られているカイロプラクティックの始まりです。

それから、多岐にわたる科学的な実証を得るためのさまざまな研究を経て、現在のようにアメリカで広く一般的に普及するようになりました。普及にあたって、教育の整備が最も重視され、紆余曲折を経た末、現在では全米16の大学で、メディカルスクールやロースクールのように学部卒後のGraduate Schoolとして、教育が行われています。基礎医学の課程は、医学部と同等ですが、医学部では投薬や外科手術を治療法として習得するのに対し、カイロプラクティック大学では投薬、外科手術を行わない自然療法での治療が教えられます。

カイロプラクティックで治療可能な症状や病気を教えてください。

一般的にカイロプラクティックの治療で効果があると言われるのは、腰痛、首痛、頭痛、肩こり、背中の痛み、坐骨神経痛、手足の痛み等が挙げられます。本来が神経の流れを正常に戻すことを目的としているため、痺れなどの各種神経痛にも有効です。 また、専門教育を受けたカイロプラクティックドクターの中には、最近子供などに多い、自律神経系統の乱れが原因で起こるといわれるADHD(注意欠陥症候群)や、アレルギー、中耳炎等を、薬を使わず治療する先生もいます。

ただ、ここで注意していただきたいのは、カイロプラクティックは従来の西洋医学と異なり、症状を診ることを本来の目的としているのではなく、その症状を引き起こす根本的な原因を取り除くことを目的としています。例えば、腰痛などは足首の歪みが原因で長期間に渡って姿勢が歪み、それがたまたま症状として腰に出てきていることもあります。そんな時、足の歪みを治療しないで腰だけを診るのでは、一時的に腰の症状は消えても、姿勢が悪い限りまた腰痛は再び起こるわけです。大切なのは体全体のバランスを診ることです。

そのため、カイロプラクティックは、従来の医学では見過ごされてきた体の不調等を、病気になる前に見付け、治療するという予防医学の側面も持っています。

カイロプラクティックは長期で治療が必要なのでしょうか?

一般的に腰痛などの症状を取るだけなら、それほど長期の治療は必要ありません。ただ、日常生活の中でどうしても背骨というのは歪みますので、歯科治療の定期検診のように、時々検査することはとても大切です。歯は義歯など代わりがありますが、背骨はその代わりはありませんので、大きな問題になる前に背骨の健康にも注意を払うようにして下さい。

何歳からカイロプラクティックの治療を受けられるのでしょうか?

0歳から必要によっては治療します。胎児は生まれる時に頭蓋骨、首、骨盤などに大変な圧力がかかります。ですから、赤ちゃんのとき、生まれてすぐに骨の歪みがある場合などもあります。これを放っておくと斜頚や側湾症等、その後大きな問題として出てくることもあるからです。

カイロプラクティックの治療を受けている際に、注意すべきことなどはありますか?

治療は医師と患者の共同作業です。特にカイロプラクティックは症状だけを取ることを目的とした対症療法ではないので、いくら治療しても日常生活で、身体を無理して使ったり、暴飲暴食をしたりしていては治るものもなかなか治りづらくなります。

カイロプラクターは、患者さんが自分自身の自然治癒力で身体を治すのを後押しするのが仕事ですので、ぜひきちんとアドバイスを守って一緒に治療していくことを心がけて下さい。

カイロプラクティックは、身体の歪みを矯正するものと聞きますが、
なぜ身体は歪むのでしょうか?
歪みの原因として考えられることなどを教えてください。

日常的に右ばかり使うなど何らかの癖がある時、長時間前かがみで椅子に座った姿勢を取る、重いものを無理な姿勢で持ち上げる、激しい運動をする等、日常の生活で身体が歪む要因はたくさんあります。妊娠出産前後の産婦は骨盤が歪む確率が高くなったりもします。

それぞれは小さな歪みを作るだけですが、それが長期間続くと大きな歪みとなって現れてきます。めまぐるしく忙しい現代で、そういう癖を自分で見つけて矯正してゆくのはなかなか大変ですが、背骨の簡単な運動等で予防できる部分もあります。 ただ、歪みが自分で感じられるようなときは、カイロプラクターなどの専門家に一度相談することをお薦めします。

身体のどういった部分が歪みやすいのでしょうか。

これは特にどこということはなく、頭蓋骨から背骨、足首に至るまで人それぞれ、その人の習慣等でも違ってきます。ただ、下半身のずれは立っているときの姿勢全体を崩しやすく、背骨全体の歪みを作りやすいです。また、上部頚椎(首の上の方の骨)のずれもブロックが崩れるように背骨全体の歪みを作りやすいと言われています。

身体が歪んでいると、どのような弊害をもたらすのでしょうか?これらの歪みは、身体だけでなく、精神的な部分にまで影響を及ぼすのでしょうか?

人の神経は、脳から始まって、背骨の間を通って体中に張り巡らされています。神経には大きく分けて知覚神経、運動神経、自律神経の3つがあります。背骨が歪むことでこうした神経の流れが阻害され、これら3つの神経の流れに影響を与えます。知覚神経は痛み等、運動神経は筋力等、そして自律神経は身体や気持ちをリラックスさせる事等に影響してきます。背骨と神経の流れは身体の中心であるので、身体的のみならず、時として間接的には精神的な面にも影響を及ぼすこともあると言えるかもしれません。

BEST カイロプラクティック クリニックでの診察から治療までのプロセスを教えて下さい。

診療の流れをご参考にしてください。

カイロプラクティックには、いくつかの治療法があるのでしょうか?

一般的なイメージとして、カイロプラクティックは背骨をポキポキと鳴らして治療するだけだと思っている方も多いと思いますが、治療法はさまざまで、必ずしも背骨を鳴らす治療法だけではありません。それは患者さんの状態によって、治療方法を選択してゆくからです。ただ、どの治療法においても共通しているのは、骨格の歪みを正して神経の流れを正常にすることにあります。

カイロプラクティックの治療を受けられないのはどのような人でしょうか? 
逆にどのような人にカイロプラクティックをおすすめしますか?

基本的に老若男女どんな人でもカイロプラクティックの治療は受けられます。それは、カイロプラクティックが予防医学的な意味合いも持っているからです。カイロプラクティックにはその年齢や状態に適した治療法があり、自然治癒力を高めるための治療法でもあるからです。

特に、一般的な医療の検査では特に問題ないのに、身体の調子が悪いなどと言うときは、カイロプラクティックの治療でよくなる場合などが多いです。

トップに戻る