Oxygen Capsule


Oxygen Capsule「高気圧酸素セラピー」とは1.3気圧の高気圧のカプセル内に入ることで、通常の呼吸では不可能な量の酸素を細胞の隅々に溶け込ませ(溶解型酸素)、生活環境や加齢で低下した酸素水準を取り戻すシステムです。


体内の酸素は2種類あり、


 

1

結合型酸素:
通常の肺呼吸で体内に入る酸素の形。ヘモグロビンと結合して体中に運ばれますが、毛細血管はヘモグロビンより細いため、十分な酸素をなかなか取り込めません。

 

2

溶解型酸素:
気圧を上げると酸素がガス化して血液、体液の中に溶け込む形になります。溶解型酸素は毛細血管や体の各臓器の隅々まで行き届くので、酸素不足を解消し細胞の本来の機能を取り戻します。


期待できる効果
 

老化防止と疲労回復:
さまざまな原因で酸素不足になるとだるさや疲れを感じます。溶解型酸素を摂取することで疲労物質の除去率をアップさせ、また各臓器に十分な酸素を送り込むことにより、臓器の機能も向上されます。

 

自律神経の働きを整える:
脳が酸素不足になると偏頭痛、貧血、めまいなどを引き起こし、集中力、気力がなくなり不眠症、自律神経失調症、うつ病などの原因になるといわれています。溶解型酸素は脳のすみずみまで行き渡るので、脳の酸素不足を解消し、自律神経の働きを整えます。

 

美肌:
毛細血管の固まりである皮膚はとても酸素が行き届きにくい組織で、皮膚が酸素不足になると、さまざまなトラブルの原因になります。溶解型酸素が細胞の隅々まで行き渡ることで細胞が活性化し、お肌の輝きが蘇ってきます。

 

ケガの回復:
細胞の再生には大量の酸素を使いますが、ケガの直後は毛細血管が圧迫されていて酸素を送り込むことが困難です。溶解型酸素は隅々の細胞まで届くので、細胞の再生時間を大幅に短縮します。また炎症を抑える効果があるので、打ち身や捻挫などにも有効です。

 

冷え・むくみ・肩こりの解消: 
運動不足や長時間同じ姿勢でのデスクワーク、ストレスなどは、血液循環を悪くし筋肉をかため、体内に老廃物を溜め込む原因になります。溶解型酸素を取り込むことで毛細血管の隅々まで酸素が入り込み、血流を良くするとともに老廃物を取り除きやすくします。

効果には個人差があります。若年層の方、体調の良い方にはわかりにくいと思いますが、一般的に1週間に2回、6週間ほど続ければ、徐々に効果が実感できると思います。


鼻から吸う酸素セラピーとの違い

鼻から吸うタイプは「結合型酸素」と同じです。濃縮された酸素を通常の肺呼吸で取り入れるだけです。高気圧酸素カプセルは1.3気圧の中で酸素を取り込むため「溶解型酸素」に変化しますので、酸素の摂取量が全く違います。

注意:カプセルは狭い空間なので、慣れないと不安を感じることもあります。閉所恐怖症の方をはじめ、気圧の変化に弱い方、風邪などで鼻がつまっている方、耳に異常がある方、開腹手術および自然気胸の既往歴がある方、ペースメーカーを付けている方は事前にご相談ください。 また、妊娠中の方、インシュリンを使っている方は高気圧酸素カプセルセラピーを受けることができません。